GLOBAL.有限会社

三重県でこだわりのお米を始め、蕎麦、大豆など多くの農作物を栽培。産地直送でお届け

HOME»  事業内容

事業内容

米の栽培

米の栽培

 

主にコシヒカリの栽培を行っています。
2009年8月に稼動を開始した、自社新工場で精米など一貫して行うことが可能です。
【作る人=売る人】というコンセプトを基に、皆様に安心・安全のお米をご提供することを心がけております。
又、東海地方では珍しいヒヨク餅米も栽培しています。

 

麦・蕎麦・大豆の栽培

米のほかにも麦、蕎麦、大豆などの栽培も行っています。
全てお客様のご要望から栽培をはじめたものです。
このように、自社管理の畑で栽培できるものであれば栽培させていただきます。

 

こだわり

安心へのこだわり

安心へのこだわり

 

お米をはじめとした食材の安全性に疑問を持っている方が多数みえると思います。そんな時代だからこそ、皆様においしいお米を安心して食べていただきたいと思いました。精米の過程で様々な業者を経ていては、どうしても製造工程を100%把握することは難しくなってきます。
そこで当社は2009年8月から新工場を稼動させ、栽培、精米から販売まで全て一貫して自社で行なえる体制を整えました。「作る人=売る人」というコンセプトの基に、当社で栽培履歴、精米履歴を全て管理し、不備などがないかチェックしてから皆様にご提供することを徹底いたします。

 

栽培方法へのこだわり

当社では、より良い米作りを目指し、新しい技術をどんどん取り入れております。
例えば、米作りにおいて土は非常に重要です。
土が水平でないと稲に水がまんべんなく届かなくなり、成長が止まってしまったりと様々な問題が発生します。
そこで当社は最新のレーザー技術を使用し、効率よく、土をより平らにすることに成功しました。
このように、新しいことに挑戦していく姿勢がグローバルドットの特徴です。

 

土・水へのこだわり

土と水は米づくりをはじめとした農作物の栽培において最も重要といっても過言ではありません。
当社は米を栽培していない時期は牛堆肥などを投入し土作りを重点的に行っております。
土も生き物なので、きちんと手入れしないと悪くなってしまい、おいしいお米が作れなくなってしまうのでお米の栽培以上に気を使っているかもしれません。
水は春は近くを流れる櫛田川の水を、夏~秋は地下水を使用しています。
なぜ地下水を使用するかというと、夏は川の水温が高くなるため、お米の成長に悪影響を与えるからです。
さらに、当社の近くはまだまだ自然が残っているため、地下水も非常にキレイだからです。
良い素材を使用しないと本当においしいお米は作れないのです。